あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

東京マラソンを6時間で走るには?2017はどんなペースだったか。

--東京マラソン6時間完走
フルマラソンペース表

東京マラソンの抽選発表がありましたね。

今年は落選でした。

当選した方、楽しんでくださいね。

 

東京マラソン2017が、どんなペースで走ったか?というと

 

2月の東京マラソン2017のペース配分を、5キロごとに検証してみます。

ちなみに、42.195キロ完走タイムは、6時間5分です。

 

スタート~5キロ 1キロ8分23秒

スタート直後の大渋滞+トイレの大渋滞待ちで、最初は遅いペースでした。

トイレは寒さと、スタートまでの待ち時間の長さで我慢しきれなくなり、かなり並んでいるトイレに並んだのですが、このままだと、関門不通過になってしまうと言われ、結局トイレ行かず走り出したという、なんだかなという事態でした。

この辺り、初のフルマラソンで、経験値の無さが出ましたね。

 

スタートから、最初の5キロは実は下り坂。

渋滞が緩和されると、かなり早く走れますが、実は下りの方が足を使ってしまいます。

下りの足への負荷はかなりかかるので、この区間、実は特にゆっくり走りたい。

トイレ待ちで、関門不通過危機だった為、この区間タイムは遅いが飛ばしてしまった。

 

5キロ~10キロ 1キロ6分35秒

既に痛めていた膝が痛くなるものの、練習で想定していたペースがこの6分30秒程度。

息が上がらず、楽しく走れるのはこのペースからだったので、この区間は膝は痛いが、楽しく走れた。

 

10キロ~15キロ 1キロ7分01秒

膝の痛みが増してきた為、ペースを意図的に落として走ったペース。

正直この時点で、膝の痛みから完走は無理だと考えていた。

とりあえず20キロまでは、走ってみようと思う。

その後も、5キロづつ、次の5キロでリタイヤしようと考えながら、走っていた。

 

15キロ~20キロ 1キロ7分51秒

色々なフォームを試しながら走り、なんとなく痛みが少ないフォームが探せた。

ペースは落ちたが、少し気楽に走れた区間。

 

20キロ~25キロ 1キロ8分54秒

膝の痛みが増す。

走ってはいるが、歩く方が速いんでは?というペース。

今考えると、早歩きだとキロ9分程度で歩ける為、ここは歩きながらペースを作った方が良かった。

運河のちょっとした橋の登り坂も、膝が上がらず、走れなくなった区間。

 

25キロ~30キロ 1キロ9分29秒

半分走り、半分歩く。

もう膝激痛。

どこでリタイヤしようか、考えながら走った区間。

周りのランナーは走っていたので、余計にリタイヤかなと考える。

 

30キロ~35キロ 1キロ11分16秒

30キロまで走った時点で、限界が来る。

歩きながら、リタイヤはどうすれば良いのかな~などと考えながら、残りの時間と距離を計算。

31キロの時点で、キロ12分程度のペースになる。

そこから逆算すると。。。。。あれ?

このまま歩けば、完走できる時間じゃあないかと気づく。

ふと廻りを見渡すと、8割のランナーがもはや歩いていた。

このまま、完走ならぬ、完歩することに決め。歩く。

 

35キロ~40キロ 1キロ11分13秒

だらだら歩いて、このペース。

痛めた膝が曲がらない為、片足はちょっと引きづり気味。

歩く間は冷静。

回りも皆歩いているなか、マイペースの80歳代とみられる大先輩に、全員ぶち抜かれていた。

品川の折り返し区間は、コースも単調な為、走れないことがより詰まらなくなる。

 

40キロ~42.195キロ 1キロ11分39秒

応援が凄く、かっこつけて走りたくなって試しに走ってみたが、やっぱり走れず、歩く。

ゴールは6:19:01秒

 

42.195キロは、1キロ8分ペースで6時間

6時間を切るペースで走るには、1キロ8分30秒で走る必要があります。

早歩きより、ちょっと早いペース。

2017年の走ったペースを見ると、30キロまでもう少し粘って走れれば、その後歩いても、6時間で走れます。

若しくは、最初から最後まで、1キロ8分台で走ったり、歩いたりしながらイーブンペースで走りきれば、6時間で完走できます。

どちらも、ず~と走り続けなくても、可能なタイム。

戦略的に歩きを入れることで、逆に走りきれることが見えてきます。

 

効果的な歩きが、ポイント。


【編集後記】

秋の花粉症が始まってしまいました。

くしゃみが出るし、肌がぴりぴり。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

--東京マラソン6時間完走

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です