あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

眺めが3倍良くなる窓のつくり方!景色を切り取る。

間取りを考える
コーブ照明

lphoto by 中庭の有る3階建ての家 https://www.ogino-a.com/s-house l

敷地には、景色の良い敷地も有れば、余り良くない敷地が有ります。

景色の良い敷地は、より気持ち良くなる窓のつくり方が有ります。

景色が余り良くない敷地でも、眺めが3倍にも5倍にも良くなる窓のつくり方が有ります。

景色を、見えるものを切り取る方法です。

 

ピクチャーウィンドウ、窓が絵画の額縁の様になる手法

 

窓枠を絵画の額縁にして、景色を切り取り、一服の絵様にする手法です。

絵になる部分のみを、窓枠の中に入れて、それ以外は、窓枠の中に入れない。

どの部分を見せて、どこを見せないか。

切り取る部分を取捨選択しますから、センスも必要です。

 

赤レンガ倉庫窓の窓、桜の窓

 

写真の赤レンガ倉庫が映っている窓の家、2階のリビングから、前の道路越しに赤レンガ倉庫が眺められます。

この倉庫は、文化遺産でも有り、建て替えられる可能性は、まだまだ先。

文化遺産ですから、保存状態も良く、雰囲気有る景色です。

赤レンガ倉庫 のみが見える位置に、窓を設置し、レンガの絵の窓になっています。

 

桜の景色

lphoto by 中庭の有る3階建ての家 https://www.ogino-a.com/s-house l

一方、写真の桜の窓は、向かいの公園が春に桜に埋もれる景色を切り取っています。

この桜の窓、実は赤レンガ窓と同じ家の同じリビングの光景です。

この様に、同じ場所でも切り取る風景が異なると、違った味わいの絵を鑑賞する家になり、雰囲気が変わって来ます。

桜と赤レンガ、異なる素材意識に集中してより美しさが際立ちます。

 

外部の景色を、 内部に取り込むことになります。

 

 見たくない景色は、隠してしまう。

 

窓からは、景色だけでなく、光を取り込み、風を取り込みます。

光を入れる為に窓をつくりたくても、目の前に見える景色が古びたコンクリートブロックの塀など、汚れているだけの目にしたくない景色の時も有ります。

その場合は、半透明のガラスにして、光だけを取り込み方法が有ります。

 

景色は隠す、でも抜け感が欲しい

 

景色は隠したいけれど、抜け感が欲しい場合は、高いところに窓をつけるハイサイドライト、低いところにつける地窓の方法が有ります。

ハイサイドライトは、目の前が隣の家の壁であっても高いところは、空が見える場合、抜け感を感じます。

住宅密集地1階では、隣地が立て込んでおり、隣の家しか見えない場合が有ります。

そんな時には、低い位置の地窓をきることで、隣見えず、抜け感が生まれます。

地窓の場合、地窓の前の地面を白い玉砂利を敷いたり、地葉類などの植栽で、綺麗にしておく必要が有ります。

 

好きモノ、嫌いモノ

 

窓の取り方ひとつで、好きな景色溢れた家になるか、嫌いなモノも見なくてはならない家になるか変わって来ます。

何と無くつけがちな窓ですが、実は居心地の良さ対して、大きな影響及ぼすポイントです。

 


公式ホームページはこちら【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

(お知らせ)初めての家づくり講座!​ 受付中


【編集後記】

湿度の高い季節になって来ましたね。

朝ランをしていると汗でぐっしょり。

水分補給に気を使います。



にほんブログ村

 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間取りを考える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です