あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

大人の空間をつくる「間接照明」コーブ照明/コーニス照明とは?

--「照明」
コーブ照明

lphoto by 中庭の有る3階建ての家 https://www.ogino-a.com/s-house l

 

照明は、空間の印象を大きく左右します。

特に間接照明は、質高い落ち着きと華やかさを合わせ持った空間の演出にぴったりです。

壁や床の仕上げ材以上に、場のイメージを大きく変える間接照明。

間接照明は、建築化照明とも言われその中で人気の、コーブ照明、コーニス照明について紹介します。

 

間接照明とは

 

建築化照明とも言われる間接照明とは何でしょうか?

照明器具は普通、目に見える場所に設置されています。

天井から吊るされた、ペンダントライトなどのおしゃれな照明器具や、天井につけられた円形のシーリングライトなどが一般的な照明ですが、間接照明は、天井や壁の中に埋め込み、照明器具が目に見えない隠してしまったモノです。

更に、光を天井や壁に一度当て反射した関節光で部屋を明るくする照明方法です。

光が出ている光源が目に入りませんから、優しい灯りなって空間を照らします。

 

lphoto by 中庭の有る3階建ての家 https://www.ogino-a.com/s-house l

コーブ照明で、大人な空間!

 

コーブ照明とは、天井の中に照明を仕込み、上の天井面を照らす照明のことです。

写真のように、折り上げ天井と一緒に組み込むことで、ドラマチックな空間演出になりました。

一見、装飾的なイメージの強いコーブ照明ですが、天井面全体を照らしその天井から反射した光が床を照らしますから、折り上げ天井全体が大きなの照明のようになります。

間接照明ですから、光源が見えず、眩しくない優しい光ですが、この照明だけで部屋全体が充分明るくなる、実用的な照明方法でも有ります。

天井を大きくコーブ照明にしたこのリビングは、明るく上質な空間に仕上がり、施主に喜ばれました。

 

コーニス照明

lphoto by 中庭の有る3階建ての家 https://www.ogino-a.com/s-house l

和モダンは、コーニス照明で。

 

コーニス照明とは、コーブ照明とは異なり、壁の中に照明を仕込み壁面を照らす照明方法です。

壁をなめるように光が流れますから、素材感の有る壁材だと光と陰、陰影が出来、素材感がより際立ちます。

特にモダンなイメージの空間に使われます。

写真は、和室の壁面コーブ照明を仕込んでいます。

床の間の壁の裏側に照明を入れる事で、壁を照らし花などの飾りも映える壁面になりました。

コーニス照明は、シャープさを空間に加えますので、和の空間がモダンテイストになります。

 

関節照明の色温度

 

コーニス照明、コーブ照明のつくり方を照明しました。

光源が隠れ、天井や壁に反射させて明るく照らしますから、光の色を暖色系、色温度が低い光源を使うことで、穏やかな空気感を生み出す照明になります。

関節照明、工夫で、大人な空間を演出します。

 


公式ホームページはこちら【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

(お知らせ)初めての家づくり講座!​ 受付中


【編集後記】

横浜マラソンの抽選に漏れてしまいましたが、10月末の水戸漫遊マラソンにエントリーしました。

これから、4ヶ月。

逆算してトレーニングしていきます。



にほんブログ村

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

--「照明」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事も読まれています