あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

クリニック受付カウンターの裏側、診察室作業台、家具デザインの工夫

---「内科クリニック」

|内科クリニック:design by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

クリニックは患者さんのスペース、スタッフだけのスペース、患者さんスタッフどちらも使うスペースがあります。

医療行為を行う為の、特別なつくりが必要。

よく考えられた、家具は診察や、受付をスムーズにし、患者さんも、ドクターも看護師も、受付スタッフも、皆が心地よく、診療を受け・提供ができます。

 

オリジナル家具でスペースを上手く利用する

 

クリニックでの日常は、オフィスでの事務作業と異なり、特化した行為の連続です。

医療行為はもちろん受付も。

電子カルテを使う為のサーバーの位置、取り込む為のスキャナー、出力のプリンター、あちこちにあっては、動いてばかりになってしまいます。

使い勝手の良い家具をつくると、動く距離が小さくなるため、必然的にコンパクトになり、スペースを有効に使えます。

 

受付カウンターの裏側

受付カウンターの裏側では、受付スタッフが、患者さんの受付をしながら、電子カルテの処理、パソコンでの作業を行います。

患者さんから見えない位置に、パソコンのモニターが存在する、カウンターの高さの調整、をしています。

 

電子カルテに取り込む為のスキャナーを入れる、引き出し。

出力するプリンターは、コロ付き家具で机の下から引き出せ、足元コンパクトな場所で大きなプリンターを置き、省スペース化と利便性を高めました。

 

受付カウンターから、待合にでる場は、机にもなり、多くの使い方ができます。

電話の場所、リコーダーの場所なども想定して、机の上の配置もおこないました。

 

 

|内科クリニック:design by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

受付カウンターの表側

 

受付カウンターはクリニックの玄関、内部の顔になる部分です。

ようこそいらっしゃいませという、気持ちが感じられるイメージを、患者さんに持ってもらいたいものです。

 

木の質感を感じる素材でクリニックに来る、不安感をやわらげリラックスできるデザインをしています。

床の渋めのトーンと同じ、色彩の木目は、落ち着いたカフェのような雰囲気を生み出しました。

落ち着く素材は、リラックスと共に、医療に対する信頼感も感じます。

カウンターの下と、上部から間接照明が床と天井を照らすことで、柔らかな雰囲気が増しました。

 

 

|内科クリニック:design by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

診察室の家具は細かく

 

診察室から見える診療作業台は、見映えの美しさも必要です。

同時に機能性を高くしなくては意味がありません。

 

作業台のメラミンカウンターは対候性の強い素材でつくりました。

医療器具は洗うモノを分けますので、その数だけの洗い場(シンク)が必要です。

薬など、鍵をかける引き出し。

医療器具が入るサイズの引き出しもあります。

 

診療作業台は、診察室に入った患者さんから見えますが、上手く利用することで、かえって清潔で美しい診察室の印象をうけられます。

電気給湯器を、作業台の中に入れ見えなくし、ごみ箱も、組み込んでしまいました。

写真の作業台の下の収納の扉に、横長の穴が開いていますが、この中にゴミ箱を置き、患者さんからは、不潔なゴミが見えないように出来ます。

 

血液などは、汚物ですので、汚物処理専用の排水槽が必要ですが、こちらも作業台の中に組み込み隠してしまいます。

 

|内科クリニック:design by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

ちょっとした工夫が、環境力を上げる

 

ちょっとした工夫が、使い勝手を良くし、リラックスした雰囲気になり、清潔感をクリニック全体に生み出しました。

医療を提供する側、受ける側ともに、心地よく時間と空間をすごせる環境を形づくります。


【編集後記】

雨が多くて、ランニングに中々行けません。

室内で、ストレッチと体幹トレーニングを中心にしていますが、どこまで体が作れるか、チャレンジです。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「内科クリニック」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です