あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

猫の家の間取り(平面図)は中庭付き、!猫はインドア派なのか?アウトドア派なのか?

--「猫の家」
猫の家の間取り

 

design by Ogino Takamitsu Atelier

春になり、我が家の廻りの広場や公園でも、子供達が自然に?集まり、歓声を上げ、みんなで遊んでいる様なのだが、中には何をしているのか全く謎の不思議な子供の集団も見受けられます。この中には、わざわざ公園に集まってゲームをしている子達もいて、、、僕も年だなと、時代を感じてしまう。

 

インドア派、アウトドア派。僕たち人間には、室内で本を読み、絵を書き、ゲームをする家大好き人間と、グランドでサッカーをしたり河原でバーベキューをしたりという外好きの人がいると言われいました。でも、公園でゲームをする子供を見ていると、部屋好き、外好きという区分け自体が、クウェスチョンで、フットサルは体育館でもするし、本も外で読んだりする。

結局、室内、室外、どちらも人の生活には必要な環境なのではない?と考えている。

周りの人達を見てみても、どんなに家好き人でも、1ヶ月部屋から一歩も出なくても平気という人は、中々いない。

 

猫はアウトドア派?インドア派?

 

猫には、野良もいれば、ペットとして飼われている、家猫がもいるのだが、はて、猫はアウトドア派なのか?インドア派なのか?

ペットとして飼っている猫は、犬と違い散歩をしない。

体の小さな猫は、部屋の中で、動き周り運動できるから犬の様に散歩に行く必要が無いのか。まあ、犬に家の中を走り廻られたらひどい事になるし。

犬は、散歩しないと運動不足になってしまうし。

 

近所の野良猫を保護して飼うと…家には帰ってくるものの、外にも出掛けたりする。

飼い主の買い物に付き合い、スーパーの入口で待っている律儀な猫すらいる。

家から出ない完全家中飼育の猫も、窓から外を眺めのが好き。

 

結局、猫も、インドア、アウトドア両刀使いということか。

 猫の家の間取り

design by  猫の家 

中庭で遊ぶ、逃げない

 

家猫だって外には、出たい!

でも、家の中でしか過ごした事が無い猫は、一度外に離してしまうと、場所が分からず、帰って来れなくなってしまう。その為、猫の家には、逃げられ無い仕組みをつくっている。

その一つが、中庭だ。

工事中の猫の家では中庭をつくっている。

中庭は、猫を放し飼いにして遊ばせる事が出来る、とっておきのスペースだ。

四方を部屋窓と壁囲われていて、逃げようが無いけど、外の空気にふれ、光浴び駆け廻れる。車に轢かれる心配も無く、飼い主も安心。

街に出る分けでは無いから、完全な外の世界では無いけれど、インドアとアウトドアの中間の様な場所。

 

工事中の猫の家は、賃貸ですが、中庭で遊べる猫共生住宅です。


住宅 写真集はこちらから

建築 写真集はこちらから

公式ホームページはこちらから【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

--「猫の家」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です