あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

「住宅取得資金の非課税制度」と 「相続時精算課税制度」

オギノタカミツ・アトリエ

「住宅取得資金の非課税制度」から。

 

平成25年は、一般住宅で700万円 省エネ住宅等で1200万円まで、

直系尊属である両親、祖父母などから住宅取得資金として贈与を受けた場合に、

贈与税が非課税になります。

(平成26年は、一般住宅で500万 省エネ住宅で1000万円まで)

 

省エネ住宅にするには、建設コストが増えますので、税率との兼ね合いを、

考えておく方が良いですね。

 

この制度は、住宅取得時にのみ適用出来る制度です。

 

「相続時精算課税制度」について

 

まず、この制度は住宅取得とは無関係。

どんな場合であっても、贈与を親御さんから受ける場合に適用出来ます。

 

贈与を受けた段階で、贈与税として税金を納めるのでは無く、相続時、相続税として精算する制度です。

平成25年7月現在 2500万円が上限です。

 

親御さんの年齢は65歳以上の必要があります。

(住宅取得の為の贈与に限っては、年齢制限の無い「相続時精算課税選択の特例」という制度もある)

 

相続税の基礎控除枠内で有る場合、また負の財産相続(借金等)が有る場合は特に有効です。

但し、将来相続税の基礎控除が引き下げられる可能性もあり、

解らない為のリスクは有ります。

 

また、相続時精算課税制度を選択した場合、贈与税の基礎控除(110万円)は今後使えなくなります。

 

※細かい適用内容については記しておりませんので

 

必ず税務署でご確認ください。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

オギノタカミツ・アトリエ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です