あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

うなぎの寝床の家

オギノタカミツ・アトリエ
東京は北区の住宅密集地での住宅計画です。
いわゆる「ウナギの寝床」と言われる、細長い敷地。
こういった敷地では、光をどう取り入れるかが、ポイント。
オープンスペースで有る、道路側+中庭or吹き抜けの2箇所から、光と風を呼び込む、
手法が定番。
今回は、北側斜線制限を逆手に取り、南側隣地に最大の建物がっ建っても、
壁にならない位置に大きな窓を設け、その窓から、階段+吹き抜けを通して
下の階まで光を導いています。
実は、階段の位置もポイント。
住まいの骨格になる部分で、失敗すると、真っ暗な家になります。
道路からの、視線を防ぎつつ、光を入れる様にルーバーも設けてます。
模型を見た、保育園に通う娘さんは、逆立ちしてるみたい!と言っとりました。
そうそう、細長い家です。

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

オギノタカミツ・アトリエ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です