あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

屋上は天空の中庭―桜を眺め・子供のプール・洗濯干し・空を我が家の庭に

間取りを考える

屋上がある良さは、「日が当たる」「眺めが良い」「開放感」「非日常」。

 

密集した住宅地、隣の建物がせせこましく建っていても、屋上にでれば遠くまで広がる眺めが

解放感抜群です。これまでいくつかの屋上・ルーフバルコニーのある家を設計してきましたが、

そこでは、近くの公園の桜を眺めたり、ビールを飲みながら日焼けをしたり、子供のプールを

広げたり、ベランダガーデニングを楽しんだり、毎日の洗濯モノを干したり。

特別な時間を過ごす事もあれば、日々の生活空間として利用したりしています。

 

 

暗くなりがちな住宅密集地を心地よく過ごせる仕掛けでもあり、郊外の住宅地のアウトドアリビング

としても広々と生活できます。

 


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間取りを考える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です