あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

LAトランジットでメキシコへ。アエロメヒコのカウンターで驚き!

--メキシコ

メキシコのこと(上はLA)
今年の夏は、旅行には行けそうに無いので、メキシコに行った時の事など
つらつらと書いておきます。
メキシコへは、LAトランジットで、メキシコ・シティーに向かった訳ですが・・・
まービックリしたのが・・言葉。
メキシコでは、英語は殆ど通じないよと、言われていたのだが、
既に、LAの空港の航空会社のカウンターで、通じなかった。
ロスアンジェルス空港のアエロメヒコ(航空)のカウンターで、
メキシコ・シティーにあるオフィスの電話番号を聞こうとしたら、
英語が通じない・。
え・・・まだ、アメリカなんだけど。。しかも、空港のカウンターだぜ!
おいおい。
メヒコに入る前から、ビックリでした。

(アエロメヒコの小さなジェット)
まー、今やアメリカ西海岸は英語が話せないアメリカ人が、かなりの割合を占めていて、
公共の場でのアナウンスも、英語とスペイン語の両方で行なっている現状だから、
そんなものかもしれない。

(LA空港)
ついでに言うと、いつの間にかLA発の時間が1時間繰り上げになっていて・・
余裕で行ったつもりが、
フライトぎりぎり駆け込みになってしまった。
昔、台北の空港でも走ったけど・・・またもや、スタッフと走ってしまった。
中南米では、良くある話らしく、
前日に電話でフライト時刻を確認するのは必須らしい。
気をつけましょ。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

--メキシコ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です