あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

ユニバーサル・デザイン ガイドライン(7原則)

環境デザイン

ユニバーサル・デザインには有名な7原則が有ります。
この7原則、UD系の書籍や論文では、広く紹介されているのですが、
個々の7原則にガイドラインが有ります。
UDセンターのサイトを詳しく探して行くと、見つかるのですが。。
このガイドラインを翻訳された文献が、見当たらないので、
翻訳してみます。

PRINCIPLE ONE: Equitable Use
The design is useful and marketable to people with diverse abilities.

原則1: 公正な使用
多様な能力がある人々にとって、デザインは、役に立ち、市場向きです。

Guidelines:
1a. Provide the same means of use for all users: identical whenever possible; equivalent when not.
1b. Avoid segregating or stigmatizing any users.
1c. Provisions for privacy, security, and safety should be equally available to all users.
1d. Make the design appealing to all users.

ガイドライン
1a.すべてのユーザにとって、役に立つ同じ手段を提供してください:。
等しくいつでも可能である。どんな時でも同等である。
1b. どんなユーザにも隔離するか、または汚名をきせるのを避けてください。
1c. すべてのユーザには、プライバシー、セキュリティ、および安全のための条項は等しく役立てられるべきです。
1d. すべてのユーザに魅力的なデザインとしてください。

PRINCIPLE TWO: Flexibility in Use
The design accommodates a wide range of individual preferences and abilities.

原則2: 使用上の柔軟性
デザインは広範囲の個々の好みと能力を許容します。

Guidelines:
2a. Provide choice in methods of use.
2b. Accommodate right- or left-handed access and use.
2c. Facilitate the user’s accuracy and precision.
2d. Provide adaptability to the user’s pace.

ガイドライン
2a. 使用方法の選択権を提供して下さい。
2b. 右利きもしくは左利きの為のアクセスと使用に順応させてください。
2c. ユーザの正確で精密な使用を容易にしてください。
2d. ユーザの速度への順応性を提供してください。

PRINCIPLE THREE: Simple and Intuitive Use
Use of the design is easy to understand, regardless of the user’s experience, knowledge, language skills, or current concentration level.

原則3: 簡単で直感的な使用
デザインの使用はユーザの経験、知識、語学力、または現在の集中レベルにかかわらず簡単に理解でます。

Guidelines:
3a. Eliminate unnecessary complexity.
3b. Be consistent with user expectations and intuition.
3c. Accommodate a wide range of literacy and language skills.
3d. Arrange information consistent with its importance.
3e. Provide effective prompting and feedback during and after task completion.

ガイドライン
3a. 不必要な複雑さを取り除いてください。
3b. ユーザの予想と直観と一致させてください。
3c. 広範囲の読み書き能力と語学力に順応させてください。
3d. 重要性と一致した情報を整理(アレンジ)してください。
3e. 効果的な促進、行為中の反応、作業完了の合図を提供してください。

PRINCIPLE FOUR: Perceptible Information
The design communicates necessary information effectively to the user, regardless of ambient conditions or the user’s sensory abilities.

原則4: 知覚可能な情報
デザインは周囲条件やユーザの知覚の能力にかかわらず有効に必要な情報をユーザに伝えます

Guidelines:
4a. Use different modes (pictorial, verbal, tactile) for redundant presentation of essential information.
4b. Provide adequate contrast between essential information and its surroundings.
4c. Maximize “legibility” of essential information.
4d. Differentiate elements in ways that can be described (i.e., make it easy to give instructions or directions).
4e. Provide compatibility with a variety of techniques or devices used by people with sensory limitations.

ガイドライン
4a. 重要な情報の、豊富な提示の為に、異なったモード(絵、言葉、触感)を使用してください。
4b. 重要な情報とその環境の間の適切な差異を提供してください。
4c. 重要な情報の「読みやすさ」を最大にしてください。
4d. 描写することができる方法で要素を差異化してください(すなわち、指示か方向付の提供を簡単にしてください)。
4e. 知覚の制限を持って人々によって使用されたさまざまなノウハウや工夫を互換性を持って提供してください。

PRINCIPLE FIVE: Tolerance for Error
The design minimizes hazards and the adverse consequences of accidental or unintended actions.

原則5: 誤りに対する許容
デザインは危険と偶然の、故意でない動作や不慮の結果を最小限にします。

Guidelines:
5a. Arrange elements to minimize hazards and errors: most used elements, most accessible; hazardous elements eliminated, isolated, or shielded.
5b. Provide warnings of hazards and errors.
5c. Provide fail safe features.
5d. Discourage unconscious action in tasks that require vigilance.

ガイドライン
5a. 排除され、隔離され、保護された危険な要素を取り除いた、最も使われる要素を排除し、危険と誤りを最小の要素にしてください。
5b. 危険と誤りに関する警告を提供してください。
5c. 失敗に対する安全機能を提供してください。
5d. 警戒を必要とする作業における無意識の動きを思い留まらせる様にしてください。

PRINCIPLE SIX: Low Physical Effort
The design can be used efficiently and comfortably and with a minimum of fatigue.

原則6: 低い身体的労力
そのデザインは、最小限の疲労で、能率的で、気楽に使用できます。

Guidelines:
6a. Allow user to maintain a neutral body position.
6b. Use reasonable operating forces.
6c. Minimize repetitive actions.
6d. Minimize sustained physical effort.

ガイドライン
6a. ユーザの自然な体の位置の維持を許容させてください。
6b. 無理のない操作力を使ってください。
6c. 繰り返される動作を最小にしてください。
6d. 身体的努力の保持を最小にしてください。

PRINCIPLE SEVEN: Size and Space for Approach and Use
Appropriate size and space is provided for approach, reach, manipulation, and use regardless of user’s body size, posture, or mobility.

原則7: アプローチと使用のためのサイズとスペース
ユーザの体格、姿勢、または移動性にかかわらず適切なサイズとスペースをアプローチ、範囲、操作、使用に提供します。

Guidelines:
7a. Provide a clear line of sight to important elements for any seated or standing user.
7b. Make reach to all components comfortable for any seated or standing user.
7c. Accommodate variations in hand and grip size.
7d. Provide adequate space for the use of assistive devices or personal assistance.

ガイドライン
7a. 立つか、座っているユーザの為の重要な要素が見える、明確な視界を提供してください。
7b. 立つか、座っているユーザの為、全ての構成を快適にしてください。
7c. 多様な手と握りの大きさを許容してください。
7d. 補装具か人的な支援の使用の為の適切なスペースを提供してください。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

環境デザイン

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です