あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

ランドスケープのプレゼンテーションは手書きのスケッチで!

オギノタカミツ・アトリエ

ランドスケープのプレゼンテーションも勿論、
手書きのスケッチ。
元々、造園・ランドスケープは樹木という自然を扱う
季節や成長による変化を扱うデザインである為、
PCで描く直線は馴染まないので。
もちろんPCで描く時も多いし、手書きのスケッチ以外に
ちゃんとパソコンで図面を書いてます。

こんな、ラフなスケッチ。
ラフでルーズな方が雰囲気伝わる。

スケッチやパースでの彩色は、
水彩・マーカー・色鉛筆のどれかで彩色する。
書き方としては、繊細な線に薄い彩色で、洗練した絵を描く方法と、
強い線、荒い彩色で、強く情感に訴える絵の描く方法がある。
色々、描いてみたけど、強描きの方が自分に合っているようだ。
人間自体は繊細ですがー・・・おほほ。

ここに乗せているのは、某千葉成田方面の建物のアプローチデザイン。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

オギノタカミツ・アトリエ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメント

  1. 暑中見舞いの挨拶の書き方

    年賀状や暑中見舞いなどの季節の挨拶は、良いコミュニケーション作りの場としても大切ですし、きちんとした挨拶ができる人は、それだけで好感度アップにつながりますよね。最近では年始の挨拶や暑中見舞いでも、インターネットを使ったグリーティングカードなどによる手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です