あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

子供に安心な、窓の高さと形とは?

間取りを考える

 

子供は想定外の動きをします。
怪我しないか?事故がおきないか?心配ですよね。
特に、窓廻り・・・落下したら?という不安があります。
各言う私自身も、小学生の頃、2階の窓から落ちた事がります。
お尻が重かった為、尻から落ちて事なきを得ましたが。
写真のお宅は、6年前に設計したお家です。
先日伺った処、当時居なかった、お孫さんが生まれています。なんと双子で!
お孫さんが遊びに来る様になり、建築時点ではぴんと来なかった窓の形状など、
子供に安全になっている事が良く分かると、言って貰っています。
上の写真の子供部屋の窓は、高い位置にあります。
小さい子が、簡単に明け締め出来ない様に、高い位置かつ、隣の屋根からぎりぎり出る
ところに窓を設けて、光や風も取り込みます。

 

 

左と中央のサッシはFIX(羽目殺し)の窓で開きません。
唯一、右側の窓のみ開きますが、落下しない様、バーを渡して
落下を防止しています。

 

 

正面の窓は出窓ですが、手前に作りつけのカウンター机を作ったので、
子供はそこに上って遊ぶことも・・・・・
出窓の正面はFIX(羽目殺し)の開かない窓にしました。
出窓の横は開閉できますが、細く人が通れない窓をつけて、そこから風を取り入れています。
実は、子供に安心な家は大人にも安心です。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間取りを考える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です