あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

時計 lemnos MIZUIRO

道具文化論

掛け時計って難しいですよね。。。
どんなに抑えたデザインでも、デザイン・デザインし過ぎてしまう。
色々なデザイナーが、チャレンジしていて、
デザインとしては面白いけれど、
部屋に掛けるモノとしては、主張し過ぎだったり、鈍重だったり。
居室という空間と、掛け時計という機能と大きさが、
根本的にそぐわないんじゃないかな・・・。
似合うのは、学校の教室ぐらいなもので。。
この時計は、引っ越した時に、かなり迷って、購入したもの。
lemnos の MIZUIRO
デザイナーを使った、時計を製作している会社です。
この時計、唯一主張しているのは、水色(サックスブルー)の 長針と短針のみ。
秒針は白で目立ちません。
その他の部分は、学校時計のようなそっけないデザイン。
ただし、洗練した仕上げをしています。
シルバーの枠部分は、ヘアラインに仕上、
文字の大きさ色も微妙にコントロールしています。
普通で美しいが、最も難易度が高い。
結構、お気に入りです。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

道具文化論

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です