あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

縁側ルーム project

オギノタカミツ・アトリエ

マンションのインテリアデザインをしました。
ワンルームだがらと言って諦めない。
生活には色々なシーンがある。
そのシーンが同じ空間・同じ質のデザインの中で起きるのは切ない。
ワンルームでは、寝るのも・食事するのも・くつろぐのも、同じ空間になってしまう。
「活動的な空間」と「安らぎの空間」
活動的な空間として、「セミ・パブリックスペース」を
安らぎの空間として、「engawa space」を設えた。
居室の同一(繋がっている)空間では有るが、空間のボリューム(天井高さ床の段差)を変え
仕上げ材も活動的な白系と、安らげる自然系(竹木質)と変え、空間の持つ質を変えた。
そこで、色々なシーンが異なる質の空間で起きる様、諦めないデザインをした。

engawa room
用途・行為・シーンによって空間が分節され
その空間に適した、素材・色彩にボリュームによって、空間がつくられる。
特に、活動的な空間と安らぐ空間が分節され、
心にメリハリがつく。
また、料理・洗面(化粧)・排泄・入浴の、
各行為も分節された空間で行われ、楽しみと
生活の豊かさに繋がる


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

オギノタカミツ・アトリエ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です