あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

寝ても・起きてもワクワク、子供の遊び場

間取りを考える

子育ての場として、企業内の託児所や保育所、子供が遊べるスペースなどを設計しています。

 

寝てもワクワク

 

0歳児がらお預かりする、保育所や託児所では、子供たちは横になって寝そべっている時間が多くなります。

寝ている時に、つまらなくならない、ワクワクする場づくりが必要です。

写真の企業内託児所では、上を向くと7色がみえる天井にして、寝ていても楽しくなるスペースをデザインしました。

 

円形に掘り込まれた天井は、子供たちが好きな原色カラーで塗られ、その中央に照明が仕込まれています。

照明自体は家庭で使う一般的な照明ですが、円形の天井と一体化して掘り込まれた天井自体が照明のようになっています。

質の高い空間に少しでも触れることで、子供の感性は発達します。

 

 

起きてもワクワク

7色の天井の託児所は、高齢者デイサービスの企業内託児所で、部屋を一歩出ると、写真のような数字のかかれた、回廊があり、散歩をしたり探検をしたり、子供たちは楽しんでいます。

 

 

子供と一緒に働く

子育てママさん達で経営している、企業のオフィスです。

子供達を遊ばせながら仕事をするというスタイルの働き方をしています。

 

子供の遊び場として、黒板の壁をつくりました。

下半分を子供達が落書きに使い、上半分を大人たちが会議の板書に使う、仕事も子育ても楽しくなる空間になっています。

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間取りを考える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です