あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

代々木体育館 丹下健三設計

design・建築
先週末、甥っ子くんが、空手の全国大会に出場するという事で、
応援に行って来ました。
子供ながら、なかなかダイナミックな動き。
その試合が行われた会場が、ここ、代々木体育館。
代々木体育館は、東京都庁やお台場フジテレビなどの設計で知られる、
丹下健三の設計。
この丹下さん、この方が居なかったた日本の建築家の歴史は有りえない、
唯一無二の大先生。
特にこの、代々木体育館を設計していた時期は、
全盛期で、素晴らしい建築を残されています。
この代々木体育館もそのひとつ。

釣り構造を使った、構造が、弥生社の表現に直結し
有機的なフォルムを創りだした、傑作です。
東京に有る建築で、どうしても保存して貰いたい建築の一つです。
丹下先生の設計の特徴に、オブジェの様に立ち上がる建築があげられるのですが、
実は、ランドスケープが素晴らしく巧み。
代々木公園でも高低差を造り出し、使い方が見事。
プールって何処にあると思いますか。
第一体育館と第二体育館をつなぐ、ぺデストリアンデッキ状の通路、
その下にあるのです。
しかも、そこが1階。
晩年のフジテレビ社屋などは・・・・・・ですが、
全盛期では、昨今見られない、勇壮なグランドをつくる設計で、参考になる処ばかりです。

空手の方は、一番下の子が、ベスト16まで行き、
2番目の甥っ子も一つ勝って、
凄い。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

design・建築

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です