あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

のぼうの城

和田 竜
小学館
コメント:夢と器

「でくのぼう」をもじって、のぼう様と呼ばれる男の、
いくさの話。
この男、「でくのぼう」だが、器がでかい。
その器のでかさだけで、危機を乗り越えていく様を描いている。
夢だなー。
今の世の中、器が大きいと思われている人が、
実はどれだけさかしげで、世渡りがうまいだけの小才人か、
人に慕われるという事の、甘さと、人に力を貸して貰える事の違いも
まざまざと見せてくれる。
人に力を貸して貰える時ってな~、自分には能力が無くとも
自分だけでも遣り切る本気の意志が必要なんだなー。
夢ですよ。この本は。
でも、そこから読み取れる器ってな、なんじゃいってなー
引き込まれまっせ。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です