あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

半地下の基礎を掘るために、板で土留め

---「北区S邸(狭小間口の家)」
北区S邸。
地盤を掘削して、床付け、土留めを行いました。
半地下でかつ、隣地からの離れの少ない、間口の狭い都市型の敷地の為
土が崩れてこない様、土留めを行っています。
H鋼を打ちこみ、横矢板を入れる方法で、施工者さんがかなりしっかりした土留めを
行ってくれました。
バッチリ!!
今回地盤調査(ボーリング)の結果、強固な地盤が出たので
杭施工は無し、ベタ基礎で行います。
その為、実際に掘削した段階で、データ通りの良好な地盤面が出るか、確認。
きれいな地盤が出てました。
一安心。
そうそう、基礎を打つ地盤面まで掘る事を、床付けと言います。
都心の、戦前からの古い区画なので、配管の越境なんかも有り整理しながら
現場で進めてくれています。
掘ってみたら・・・・・・・・なんてのも有り。
都心の狭小住宅街での施工は慎重さが必要になりますね。

 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です