あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

鉄骨住宅の基礎コンクリート打設

---「北区S邸(狭小間口の家)」
北区S邸、基礎コンクリート打設しました。
設計者は、工事中は現場監理を行います。
現場監理って何をやってるの?と思われがちですが、
実は、設計と同じくらいのエネルギーを掛けています。
良い、質の高い空間・住まいを実現するには、設計の検討事項が多くなります。
その設計を実現する為の施工時の検討が、複数必要になります。
細かい処を、きちんと作って行く事も、質の高い空間を実現する為には必要な事で、
現場監理には、大きな労力が掛かります。
まず、コミュニケーションを厚くして行かないと、高品質は実現出来ない。
住まいをつくるには、現場代理人や棟梁から、職人さん、設備屋さんに、電気屋さん
複数の人が関わります。
その複数の人達に、同じ、問題意識を持って貰い、
良いモノをつくるという共通のゴールを認識して貰う事が、大事です。
当たり前の事ですが、成功する為のキモです。

今回、半地下空間をつくります。
そこで、防水が重要になり、5つの防水・止水の仕掛けをしています。
まず、1つ目、基礎梁の左側のコンクリートをちょっと上に立ち上げています。
コンクリートは1回で全てを打設出来ると良いのですが、
施工上必ず、何回かに分けて打設する事になります。
その打設の継ぎ目(打ち継ぎ箇所)が、水が入り易い場所になります。
そこで、打ち継ぎ箇所の内側に、立ち上がりをつくり、
水が内部に侵入しない様にしています。
これ以外に、4っつの防水の仕掛けをしていて、その手法、追々紹介しますね。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です