あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

エントランス天井を目透かし貼りという方法で割り付け

---「茨城有料老人ホーム」
茨城有料老人ホーム、エントランスの天井は不燃化粧板を、目透かしを入れて貼ります。
目透かしとは、板と板の間に少し間を空け、貼る方法で、
デザイン上のアクセントになります。
目地が出来るので、上手く寸法調整しないと、変な感じになって来ます。
その、割り付けを検討しました。
天井は照明との組み合わせで、割り付けが決まるんだな。
これで行きましょ。

 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「茨城有料老人ホーム」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です