あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

半地下防水の方法

---「北区S邸(狭小間口の家)」
半地下部分の有る、北区S邸。
防水方法を紹介して来ましたが、その2つ目。
水が入り易いのは、コンクリートの打ち継ぎ部分。
水膨張ゴムを敷いています。
以前は、以前は止水番という板を立てていたのですが、
コンクリート打設時に、倒れて意味をなさない事が多く、現在では使いません。
水膨張ゴムは、コンクリートを打つと、ゴムが膨らみ、隙間を無くし、水を
止める材料です。
写真のコンクリートの上にある、ゴムの帯がそれ。

防水3っつ目。
2つ目の打ち継ぎ部、水膨張ゴムを施工する現場は多いのですが、
この、セパレータ部の水膨張材も大事です。
これ、使わない現場の方が多いですが、
防水に過剰は無いという事で、使ってます。
鉄の棒に回してある、リングの様なものがそれ。
この棒、型枠を抑える為に必要な材料で、実際は、打ち継ぎの同様に、
水の入る可能性のある場所です。
これで安心。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です