あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

鉄骨造の床はコンクリートでつくる

---「北区S邸(狭小間口の家)」
「北区S邸」
床のコンクリートスラブを打設し、かなり空間の形が見えて来ました。
すご~っく、眺めが良いです。
鉄骨造と言っても、床はコンクリートを打設する仕様で、
耐震強度の強い方法です。
ここは3階。
左の壁が斜めになっているのは、高度地区の斜線制限を満たす為です。
北側斜線は、天空率が使えないので、どうしても
斜めの形になって行きます。
右側の階段を上ると、屋上に出られます。
建設中のスカイツリーも見える。
富士山は見えるかな?
東京23区内の住宅密集地で、この眺望の良さはちょっと信じられないくらい。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です