あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

屋根材は、ガルバリウム鋼板の立馳葺で安心

---「北区S邸(狭小間口の家)」
北区S邸(狭小間口の家)
斜壁部分の屋根材を葺きました。
ガルバリウム鋼板の立馳葺。
野地板の上に、防水のアスファルトルーフィングを敷き、ガルバリウム鋼板を葺きます。
さらに、屋根裏には断熱材も敷き込みます。
このセットで、防水も断熱もバッチりで、ガルバリウム鋼板は、対候性も良い。
屋根の構成としては、機能性の高さと、コストバランスが最も良い仕組みです。
線の様な、リブを立馳と言います。
1枚1枚の屋根板を、この馳で噛み合わせて接続してます。
板金屋さん、綺麗に葺いてくれました。
足場がとれると、線の美しい屋根が現れるはずです。
楽しみ。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です