あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

震災直後に、土浦・つくばに入りました

オギノタカミツ・アトリエ

震災以降、ようやく茨城に入る事が出来ました。
つくばエクスプレスで、つくばに入ってから、土浦にアプローチ。
先日、完成したばかりの老人ホームの様子を見に行きましたが、
大した損傷も無く、ホッと安心。
4月の最初の、週末に入居希望者さん向けの、
内覧会を行います。
茨城は報道等されてませんが、被災地ではあって、
土浦も、ガスはまだ止まってる。
ガスの復旧は、21日からだそうです。
現地の街の様子は、平静でしたが、所々、塀が倒壊していたり・・・・・。
北関東は大谷石積みの塀が良く見られるのですが、
鉄筋が入っていない為、地震には弱いです。
(地震の時には、建物より、塀に近づか無い様に)
その後、つくばに戻って、つくば市民大学に行く。
こちらも、活動を素早く復旧させていて一安心。
今は、災害援助の活動を行っています。
救援物資の募集等、その都度行っているので、ホームページやツイッターを
チェックしてください。
茨城の県南地区では、今回の震度6の地震でした。
鉄骨造の建物は大きく揺れる為、
階段室の壁に、クラック(ヒビ)が入っている事例が多く見られました。
但し、鉄骨造の場合、壁は構造体では無いので、
その事自体で、耐震上の問題が有る訳では無いので、
あまり過剰に心配はしないでください。
問題は、茨城の県北地区から北の方ですね。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

オギノタカミツ・アトリエ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です