あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

天井に間接照明を仕込むことで、天井が高く感じる

---「北区S邸(狭小間口の家)」
北区S邸、仕上工事中です。
壁の仕上げに先行して、間接照明が取り付けられています。
中々良い仕上がりです。
高級感、出てるなー。
間接照明にする事で、天井全体が照明になり、
天井が高く感じます。
敷地自体が、住宅密集地で、東京都独自の建物の高さ規制が掛かる為、
高い建物にする事が出来ない。
上に伸ばさないと、建物の面積が小さくなってしまう。。。。。
という、条件の厳しい敷地です。
その為、高さに関しては、色々な工夫をしています。
1階は、半地下。
各階の階の高さは、通常の鉄骨造より、60センチ程低くしています。
但し、天井の高さは、通常の高さを確保。
天井フトコロ(天井と床までの間)を小さくする事で、可能になる手法です。
通常の天井高さを、確保しているとはいえ、住宅密集地です。
間接照明は、住宅密集地特有の狭い感覚を無くし、
広い空間に感じる仕掛けでも有ります。

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です