あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

土浦老人ホームで、雑誌介護ビジョンの取材

---「茨城有料老人ホーム」
雑誌の取材が有り、茨城有料老人ホームに行って来ました。
オープンした後の建物の印象は、またちょっと変わって来ます。
家具も入り、命が吹き込まれた感じ。
建築は、使われ始めてからが、本当の姿を表します。
入居者さんも入っていて、食事をしてたり、家族が来ていたり、
暖かな雰囲気の中、運営が始まりました。
雑誌のカメラマンさん、当たり前ですが、写真が上手い!!
色々、撮り方のお話など聞かせて貰っちゃいました。
ユニットケア(少数のグループをつくり、グループ単位でケアをして行く方法)の、
この老人ホーム。
住まいとなる、ユニットは住宅らしく明るく、
ホッとできる「木」をふんだんに使い、居心地の良さと、気持が明るくなる
デザインをしています。
お茶をしたり、シアターになったり、イベントをしたり、お客様が来たり、
日々の活動をする、ロビーはリゾートホテルの様な、
シックで、落ち着いたデザインをしています。
(一番上の画像がロビー)
一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「茨城有料老人ホーム」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です