あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

プライバシーと開放感を両立する住まい

間取りを考える

家の中を覗かれるのはちょっと。。。でも閉じこもるのでは無く、開放的な家にしたいものです。

道路から建物が近くなってしまう家は、特にあけっぴろげには出来ません。

プライバシーを確保しながら、開放感を味わえる住まいでは、自由を感じることができます。

 

 

中庭は覗かれない、オープンエアの遊び場

 

大きな窓があると、それだけで開放感を感じられます。

でも、覗かれてします。

そこで、中庭をつくり、中庭に向けて大きな窓を設置し住まいを開くと、室内が開放的になり、中庭ゆえにプライバシーが確保されます。

 

中庭は子供たちが安全に遊ぶ遊び場にもなり、道路に飛び出さず、子供のプールを広げても外から見られません。

光もたっぷり室内に取り込みます。

 

 

覗かれないバルコニー

 

バルコニーの配置の仕方を工夫し、外から見えない場所にバルコニーをつくり、大きな窓をつくると、光がたっぷり取り込まれ、開放感を感じながら、プライバシーを守ります。

 

道路側に大きなバルコニーをつくりたい場合は、目隠しルーバーという、タテやヨコ方向に格子状のバーをつけて家の中を覗かれない様にします。

ルーバーは、木製やアルミ製など素材も多く、好みの材料を使えます。

 

ルーバーの本数や、角度を変えることで光の入り方と、覗かれなさのコントロールが出来ます。

実際、ルーバーの内側は驚くほど明るく、光を取り込んでいます。

 

 


【編集後記】

プレゼンの前の日は、日をまたいで作業をしてしまいますね。

間取りの提案をぎりぎりまで検討してしまうのが、原因。

20代の時は徹夜をしていたのですが、今では、プレゼン時にコミュニケーションをしっかりとりたいので、

睡眠時間を最低限は確保しています。


【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで


「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間取りを考える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です