あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

階段を使った、住宅密集地に光あふれる家のつくり方

---「北区S邸(狭小間口の家)」


下町や都心部では、住宅が密集・敷地の小さな町が、広がっています。
圧迫感を感じ、光が入らず暗く、風通しの悪いジメジメした、
住環境の家が立ち並んでいます。
「風」と「光」を取り入れ、伸びやかで、高さ制限を上手くクリアする、
光あふれる明るい家の創り方をお伝えします。


階段
階段は、屋上から1階まで、住まいの軸となる部分です。
その軸を「光」と「風」を取り込む筒とします。
光を通す為、階段は、スケルトンにする事で、光が天井から、
1階まで降り注ぎ、明るい家になります。
階段室の窓を下から、上につける事で、風が煙突化現象により
風が吹き抜け、湿気が溜まらない、心地よい住環境になります。



株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

---「北区S邸(狭小間口の家)」

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です