あなたらしく住む、家族の色のある家を、つくる方法を伝えます。「ライフスタイル」「光と風」「収納計画」「プライバシー」「場所の魅力」

東北・みやぎ復興マラソン、レース参戦記(3)15キロ~ゴール完走 サブ6

--フルマラソン5時間完走
海沿いのコース

海岸沿いの直線で、暑さが蓄積

東北・みやぎ復興マラソンのコース、15キロからは、海岸沿いの道路を走る。

海岸沿いとはいえ、新しく出来た堤防の下を走る為、海は全く見えない。

16キロの辺りで、堤防に登って海が見える場所がある為、上がって写真をとる。

堤防も新しく、綺麗に整備されていた。

海は見えなくなってしまったが、そんな情緒的なことを言っていられないのが、現実なのかな。

スタート・フィニッシュ会場の希望の丘のような、つくられた丘がコースの途中にもみられ、津波時の高台避難の為の丘だった。

 津波避難の丘

 

15キロから、20キロ過ぎまで堤防下の道をひたすら走る。

ちょうど12時から1時の時間で、一番暑い時間。

堤防で遮られ、風がなくなり暑さが増し、かなり暑さとの戦いになる、

もっともこの辺りは、まだ、余裕もあり、エイドを楽しみながら、なぜかいた羊の写真を撮ったり、遊びながらも、ペースを保って走れていた。

 

 

海岸沿いの道から離れ、また少し内陸を走る。

ここから25キロまでまだ、気温も暑く、風も無く、とにかく暑い。

暑い暑いと叫びながらしんどくなり、かなりへばった。

左膝の調子が今一だったため、左膝だけテーピングで補強して走ったのだが、テーピングがかなり仕事をしてくれて、痛みは出ない。

変わりに、テーピングのしていない右膝が痛み出す。

両方しておけばよかったのにと後悔。

 

途中、立派なお屋敷がポツンとたっており、この辺りで人が住んでいるのか?と思ってみて

いたが、よくよく見ると、1階の壁が抜けていて、被災した住宅だった。

ほとんどが撤去されてはいるが、まだ幾つかの被災した住宅は残っているそうだ。

 

25キロから、だんだんへばって来た

25キロを超えると、気温が少し下がって来て、風が強くなる。

吐き気と、悪寒がしてきて、結構やばい状況に。

熱中症かな~、内臓が弱いのか?などと考えながら、とにかくエイドで大量に給水を繰り返すも、体に水分が足りていないのは、確か。

塩飴を前半から、なめていたが、塩分が足りなかったのかもしれない。

体調とは別に、足にも来ていた、膝、太もも、ふくらはぎと痛みが出たが、困ったのが、足の裏。

足の裏の筋肉を痛めると動けなくなる為、まずい。

ペース自体は最初から落ちておらず、とにかく30キロまで、このまま落とさず走った。

 

前半と違い、この辺りから、遊んでいる余裕は無くなってしまった。

吐き気も出て来て、固形物が飲み込めなくなってしまい、エイドの給食を戴けなかったのが残念。

 

完走へ

30キロで、余りに足が痛くストレッチを入れるが復活ならず。

そこから先は、歩きと走りを繰り返す。

夏にウォーキングをよくやっていたので、歩くにしては、そこそこのペースは保てたが、駄々下がりには変わりなく。

5時間完走を目指したものの、ここで断念。

寒気が続いていたので、30キロ以降の風の強さは、気温の低下と共に、少し辛かった。

 

完走 東北・みやぎ復興マラソン

スタートから、ゴールまで、地元の方の応援が多くて力になった。

来てくれてありがとうと言われ、遊びに・走りに来ているだけなのに、そんな事を言われて、ビックリ。

スタッフさんも皆明るく、解らないことをちょっと聞くと、きちんと教えてくれて、人達に支えられている大会だなと本当に感じる。

 

5時間45分でフィニッシュ。

ばてましたね。

 

レースの後で

ゴール後直ぐに、あんこが中に入ったアイスを渡され、溶けてしまうから直ぐ食べる、待った無しの提供はご愛想。

アイス上手かった。

 

風は相変わらず強く、着替えて帰りのシャトルバス待ち時間は、少し冷えてた。

 

遅い新幹線を取っていた為、仙台牛タンとテールシチューを食べて帰途につく。

新幹線に乗る段階では、まだ足の裏が痛かったが、降りる時は既に痛みは無く、怪我にならなくて良かった。

走り方のせいで、痛くなるのか、筋力が足りないからなのか。

検証しどころ。

 

一日たって、全身がだるくはあるが、筋肉痛はそんなに無く、膝が少し痛い程度。

一番痛いのは、日焼けで、足や首筋がヒリヒリする。

子供の時の、海水浴以来か?

テーピングの跡が日焼けで、クッキリついてしまった。

 

風邪は治らず・・・ですが、フルマラソン翌日から、普通に仕事が出来ているのは、成長したかな。


【編集後記】

秋シーズン、ゴルフのお誘いがチラホラ。

練習せねば。


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

https://www.ogino-a.com/


 

一級建築士 小木野 貴光

世界に一つだけのあなたらしい家を設計する建築士が、家づくり・フルマラソン・ゴルフ・茶道について語ります。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

--フルマラソン5時間完走

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です